おっさん かずのボーのトレード日記

おっさんのトレード日記

なぜ?75SMAなのか

なぜ?75SMAなのかって聞かれます

単純です。一目均衡表の雲の近いからです

後トレンドラインに水平になりやすい

なぜ?30分足なのかって聞かれます

75SMAと75EMAのクロスを見ているから

SMAよりEMAの方が反応が早いのでこれを利用

5分や15分足では、このクロスが微妙で30分足以上なら絶秒

f:id:kazunobo:20171209095343g:plain

私は、一目均衡表も勉強してそれなりに雲の理屈も学んだが

さっぱり理解が出来なかった。

でも雲が75SMAに近い存在だとは認識していた

ただ、雲だとゾーンが分厚すぎて待ってられない

余談>遅行スパンを恥骨スパンなんて言ってたので学ぶ気はなかったかも

上図を見てもらえばわかるが、雲の転換より2本線の方が反応が早い

これって、すごくないですか?

手法は書かないことにしたので、これを使って独自の手法を作ってください

30分足以上の時間足なら絶対に効力を発揮します

近々の ポン円4時間足ならここ数ヶ月は、超楽勝トレードになります

初心者必須 カラーMA

MA_in_Color インジケーター

私の場合、75SMAの傾きとグランビルでトレードする時

視覚的に訴えてくれる便利なMAツールがMA_in_Color

上昇 下降 フラットの3種類のラインの色を変えられる

超!優れたインジケーター

f:id:kazunobo:20171209092402g:plain

上図は、近々のポン円30分足にMA_in_Colorを表示

実線:75SMA 破線:75EMA

これって、単色のMAより目に訴えてくれませんか???

この2本の線だけでも十分勝てます!

f:id:kazunobo:20171209092923g:plain

もう少し チャートをアレンジ

マジェンダ実線:20EMA 点線:25SMA

ZigZagTriad_mtfの表示

これでもっと勝てるような気になれませんか??????

この2本追加で、エントリーを早くでき、利確にも使えます

ZigZagTriad_mtfは、サポレジラインを引かなくて済みます

実際 今はこれだけでトレードしています

手法は、詳しく書きませんが分かりますよね

MT4 過去検証 必須ツール

過去検証で時間軸を変更した時、実際に見たいチャートを

縦線を入れて探しまくるってことをしてませんか?

簡単に、チャートをずらさずに見る方法があります

f:id:kazunobo:20171203180914g:plain

上図は、画面上のクイックアイコン

f:id:kazunobo:20171203180934g:plain

上図は、画面左下の拡大図

 

後は、見たい場所に▲をマウスでドラック&ドロップで移動

時間軸を変えても、▲を中心にチャートが動く

f:id:kazunobo:20171203181219g:plain

上図は、オージー円30分足

f:id:kazunobo:20171203181245g:plain

上図は、オージー円5分足

どうですか?便利でしょう!

おっと、過去検証しない人には関係ないか?

ZigZagTriad_mtfのマルチタイム表示の活用

ZigZagTriad_mtf

例えば、30分足中心のトレードでZigZagTriad_mtfを利用

エントリータイミングを5分や15分足で見る場合

デフォルトのZigZagTriad_mtfを使用するとラインが変化する

そこでマルチタイム機能を使うと便利

f:id:kazunobo:20171203174853g:plain

これを利用すると、5分や15分足に変えても、30分足のZigZagTriad_mtf

表示してくれる。なんと便利なんだろう!

MTFtraceを軽くする方法

もう 手法は余り書かずに 便利なツールの改造を書きます

MTFtrace

マルチタイムフレームの移動平均線表示

これってデフォルトで使うとめっちゃ負荷がかかって約定に影響が?

そこで、私がとった対応方法は、MTFtraceのパラメーター

MaxBarsを1000で使用

f:id:kazunobo:20171203094941g:plain

これでも重いなら、最終手段

メタエディターでプログラムの変更

f:id:kazunobo:20171203095314g:plain

これでだいぶ軽くなるはず

後、日足や週足のMTFtraceの表示がされない時はあります

例えば 30分足で 週足のMTFtraceが表示されない場合

30分足の表示を左へスクロールできる限界までスクロールしたら

表示できます

f:id:kazunobo:20171203100017g:plain

最後に使わない時間足への表示は使わないように設定します

f:id:kazunobo:20171203100530g:plain

これを利用した30分足の近々のポン円チャートです

一番下のシアンの水平線はサポレジではないです 週足の20EMAです

元々 私はトレンドラインやサポレジは使わないのであしからず

先週のポン円は、1時間の20EMAに2日間当たらず急騰!ごっさんです

説明できない事は、真似できない

説明できないことは、真似できない!

押し目買い・戻り売りは説明できない

移動平均線にタッチしたら買い、売りなら説明できる

良く、ダウ理論やグランビル・N波動・エリオットなど

最低限が分かっていないとトレードできないとか?

実際、私は勉強をやりだして、負けが大きくなった

今になって気が付いたが、手法やテクニカルはなんでもいい

一目均衡表や坂田五法だけでも勝っている人はいる

要は、どれか一つを極めればどれでも同じであるって事だ

だから今は移動平均線 75SMAを基本にトレードを極める事に集中

移動平均線にタッチしたらとか抜けたらだけではなく

どう ろうそく足が絡んだらも見るようにする

たぶん、この1本だけでも勝てるようになると思う

はっきり言える事!教材や手法に頼るから勝てない

何か1つを極める。これは、自分で極める。これだけです。

だから、このブログにもう手法やテクニカルを語りません

これからは、移動平均線 75SMAだけを極めた結果のみ報告します。

後もう一つ、損小利大や損切りもこれにとらわれると勝てません

嫌な予感は、結構当たります。利確千人力です。

とにかくプラスで止める事です。

最終形チャート完成 時間足は30分足

色々なチャートや時間足でやってきましたが、

最近になって 素のチャートでのトレードや日足 4時間足なども

使ってみて、手法や、テクニカルの表示はなんでもいいことが分かった

結局、自分に合った手法を極めることが、勝利への近道

やり方を、変えてもぜったに勝ちが継続しない!

そこで、今まで主流の5分足や15分足に戻そうと思いますが?

今まで、ごちゃごちゃやって分かった事のまとめ

① 水平線は、日足に引くと結構跳ねる

② トレンドラインは、4時間足が一番効く
  頂点に引いては効かない!全部ろうそく足を吸収するように引く

③ ベガストンネルは、30分足では、4時間足の20EMAなので
  30分足が一番有効である

④ どの時間足でも 20EMAが一番 初動に反映する

⑤ どの時間足でも75SMAがトレンドラインと並行になる

⑥ エントリーする時間足は、どれでも関係ない

利食いは、監視できるのなら伸び切ったところ
  監視できないのなら、近々の高値、安値

⑧ 日足 4時間足 1時間足でチャート形成まで待ってられない(これが最大)

上記を踏まえると、30分足で監視すると一番シックリくる

一番難しいのが トレンドラインの引き方

f:id:kazunobo:20171118142213g:plain上図は、近々のポン円4時間足 トレンドラインの引き方です

赤線の様なトレンドラインを引くと後々反応してくれません

もちろんトレードに使えません

f:id:kazunobo:20171118142248g:plain

上図は ポン円30分足

f:id:kazunobo:20171118142322g:plain上図は、近々のドル円30分足 移動平均線は、図中に示すとおり

一目瞭然でベガストンネル中心でろうそく足が動いている

ベガストンネルと75SMAの傾きでトレードできる

+20EMA,40EMAを根拠に加えれば、なおさら勝率アップ

今後このチャートのみでトレードを極めます

今週は、全通貨でいい感じでトレードできてます

根性ある人は、ベガストンネル傾き方向に抜け即GOでも面白いです。